Diceのアルカラスト日記part96

物語中盤で灼熱の世界との交流が始まりました。

スポンサーリンク

これからどう絡んでいくのでしょうか。

他の世界から来たらそりゃあ怪しいですよね。しかも前にきているのがトライゾンとかだし。

おぉ!灼熱フォルカー!なんかかっこいいですね☆

一回は闘うしかなさそうです。

ということは灼熱へんでもこの逆パターンがあるんですね^^;

はい!☆☆☆!

闘いが終わって凍土の世界に戻ってくると、トライゾン達が灼熱のトライゾンにやられているところでした。

シュカもコルネイユを追いかけて凍土へ。ちょっとあの格好だと寒いかもですね。

体内にでも高熱のアイテムかなんか投与したんでしょうか?

パワーもそうですが、相当な熱量だったようですね。すぐに凍ったものの凍土の氷を溶かしてしまいました。

その後寒かったのか灼熱の世界へ戻っていきますが、それを追いかけてシュカも灼熱の世界へ戻ってしまいます。(あれ?これで終わり)

トライゾンのやられ方はちょっと激しいですね。

あのトライゾンがこうもあっけなく終わるとは思いませんでした。

(そういえば漆黒のトライゾンもあっけなかったですね^^;、黄昏はどっかいっちゃってるし)

ひとまず穴の報告にボッツと共にエスカトルに戻るのでした。

part97へ続きます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

TOPへ戻る

イベントカレンダー

太陽暦年表へ

紋章一覧へ

他の各作品キャラクター一覧はこちらから!随時更新してます!

幻想水滸伝1

幻想水滸伝2

幻想水滸伝3

幻想水滸伝4

幻想水滸伝5

スマートフォンの方は画面左上のメニューから各作品のページへアクセスできます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑↑↑↑クリックしていただくと幻想水滸伝の知名度UPに繋がります!

よろしくお願いいたします!

ブログコメントお待ちしております!(20200831初コメントいただけました!!!!)

書いてないけど公式だとこのキャラは○○だよ!とか

このキャラの記事がない!とか

紋章でも組織でも国でも幻想水滸伝に絡めばなんでもOKです!

幻想水滸伝についてとことん語りましょう!

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です